ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第85話-2】

スポンサーリンク

 

f:id:rmtn:20210329145419j:plain

同じ事柄でも多角的に観察し、俯瞰的に捉える!

それが出来たとき人は

はじめてその多面性に気づくことができる。

前回のお話はこちら【第85話-1】

f:id:rmtn:20210329145541j:plain

f:id:rmtn:20210329145544j:plain

f:id:rmtn:20210329145547j:plain

f:id:rmtn:20210329145551j:plain

f:id:rmtn:20210329145555j:plain

f:id:rmtn:20210329145558j:plain

f:id:rmtn:20210402215732j:plain

f:id:rmtn:20210329145608j:plain

▽下記あとがきもあわせてご覧ください▽

 

あとがき

「人と自分は違うもの」

 

 異なる価値観を受け入れることは  

「自己受容」を育む上での大切なの第一歩。

 

自己受容とは

自分の良いと感じる面・そう感じない面

それら全てを「自分らしさ」と捉え

ありのままの自分を受け入れることをいいます。

 

「自分は価値ある存在なんだ」

そう自身の価値をしっかりと認識することで

 

他者からの評価や言葉に左右されず

本来の自分自身の力を存分に

発揮できるようにへとなるのです。

 

自己受容がしっかりと身につけていれば

「どうして あんなこともできないの?」

と、つい思ってしまうようなことでも

「私にはこれができる。

けれどあの人はこれができない。(現状の受け入れ)

では一体どうすれば うまくいくのだろう?(建設的な問題解決)」

というよに他者を否定するより先に

現状の対処に集中をすることができます。

 

そうすることによって自発的に

問題を解決しようとする力が養われていくのです。

 

この辺りのお話については

長くなってしまいそうなので

以下ざっくり簡潔にまとめてみます…!

 

1.まずはありのままの自分を受け入れること

2.自分自身の価値を認識こと

3.自分自身を大切にすること

 

この3ステップが出来てはじめて

「他者の多様性への寛容」が芽生えるのです。

 

毎回同じようなお話をしてしまっている気もしますが

本当に大切なことだと思っていますので

ぜひ少しでも(文中の一言だけでも)

心に留めてもらえると嬉しいです😭🙏✨

 

互いの価値を認め尊重しあえる

社会になるとよいですね◎

 

次回へ続きます!

 

↓更新通知が届きます↓

読者登録ボタン

 

 

やすこ先生と学ぶ接客講座
書籍女社会の歩き方