ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第82-2話】

スポンサーリンク

f:id:rmtn:20210302141956j:plain

部下からの提案。

もしその実現見込みが低かったら…?

店長としてどのように返してあげるのがよいのだろう?

前回のお話はこちら

www.bonogura.com

f:id:rmtn:20210302142000j:plain

f:id:rmtn:20210302142003j:plain

f:id:rmtn:20210302142007j:plain

f:id:rmtn:20210302142010j:plain

▽下記あとがきもあわせてご覧ください▽

あとがき

ケンメイさんが考えてくれた

取り組み施策の内容は

なんともハードなものだった。

 

月曜日勉強

火曜日勉強

水曜日ロープレ

木曜日勉強そして勉強勉強…!!

 

「こんなの絶対続かない!」

と一旦は心の中で思ったものの

 

「何事もやってみなきゃわからない」

そう毎日、口癖のように

伝えていたのは私自身。

 

自分の数少ない経験や

勘という物差しだけで

その良し悪しを判断してしまうのは

いささか早計かもしれない。

 

ならば期限を設けてやってみるのはどうか。

案外うまくいくかも…?!✨

 

とはいえ、みんながついてこれなければ

せっかくの取り組みも意味をなさない。

 

チーム全体の熱量を持続的かつ

一定に保つことも

リーダーの大切なお仕事。

 

そして提出期限を守るのもね…

 

いつも全力なケンメイさんの姿に

すっころんでしまわないか心配ながらも

どこか過去の自分と重なり、

愛着をもつぼのこなのでした。

次のお話はこちら

f:id:rmtn:20210411224527j:plain

書籍女社会の歩き方

やすこ先生と学ぶ接客講座