ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【59話】

スポンサーリンク

f:id:rmtn:20200916192346j:plain

前回のお話はこちら

www.bonogura.com

f:id:rmtn:20200916192443j:plain

f:id:rmtn:20200916192446j:plain

f:id:rmtn:20200916192849j:plain

f:id:rmtn:20200916192452j:plain

f:id:rmtn:20200916192456j:plain

f:id:rmtn:20200916192500j:plain

f:id:rmtn:20200916192503j:plain

f:id:rmtn:20200916192506j:plain

f:id:rmtn:20200916192509j:plain

▽下記あとがきもあわせてご覧ください▽

あとがき

アタッカーとして自分から前へ出て

数字を取ろうとしてくれるスタッフは

お店にとっても大変貴重で有難い存在。

 

しかしだからといって

全員がアタッカーである必要があるのかというと

実はそんなこともなくて

 

サポート役に回ってくれる人がいるから

アタッカーは自身のその力を最大限に

発揮することが出来るのだということ。

 

一見、自分1人だけの力でやり遂げたように見えることでも

ほとんどの場合、人は誰かからそのサポートを受けています。 

 

自身が相手に与えているように

相手からもまた受け取っているのです。

 

「最強のチーム」とは、

強い人たちだけを集めたチームのことをいうのではなく、

 

個人一人ひとりが相手の力を信頼し、

自身の得意を活かして働くことができる

そんなチームのことをいうのではないでしょうか。

次のお話はこちら

f:id:rmtn:20210411224527j:plain

書籍女社会の歩き方

やすこ先生と学ぶ接客講座 

f:id:rmtn:20200706184929j:plain