ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第56話-1】

スポンサーリンク

f:id:rmtn:20200813194506j:plain

ぼのこと女社会2【第1話】

前回のお話【第55話-2】

f:id:rmtn:20200813194509j:plain

f:id:rmtn:20200813194513j:plain

f:id:rmtn:20200813194517j:plain

f:id:rmtn:20200813194520j:plain

f:id:rmtn:20200813194523j:plain

▽下記あとがきもあわせてご覧ください▽

あとがき

第1回目の合同勉強会で

サトウさんが皆にお話ししてくれたこと、

それは「知識は常識ではない」ということでした。

 

知識をつけるために

勉強をすることはよいことだけれど

そこで得たことが

当たり前になってしまわないように…

 

例えば、今回の接客例の場合

 

「95cmは2・3歳用」

「2・3歳の子の服のデザインは幼い」

 

その販売員さんにとっては

それが当たり前のことだと

思っていたために

そう言ってしまったのでしょう。

 

しかし、人からこうやって話を聞くと

「それはひどい、ありえない」

と思うようなことでも

 

意外と自分の中にある

「前提」で話を進めてしまうことって

誰にでも起こりうることだと思うんですよね。

 

これまでの自分の接客には

そのような節はなかったか…

改めて見つめ直すよいキッカケになったのでした。

 

次のお話はこちら

f:id:rmtn:20210411224527j:plain

書籍女社会の歩き方

やすこ先生と学ぶ接客講座 

f:id:rmtn:20200706184929j:plain