ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第54話-2】

スポンサーリンク

f:id:rmtn:20200804174707j:plain

ぼのこと女社会2【第1話】

前回のお話はこちら【第54話-1】

f:id:rmtn:20200804174712j:plain

f:id:rmtn:20200804174715j:plain

f:id:rmtn:20200804174718j:plain

f:id:rmtn:20200804174722j:plain

f:id:rmtn:20200804174725j:plain

サトウさん登場回はこちら【第30話-①】

(向かいのショップの店員さんです!)

▽下記あとがきもあわせてご覧ください▽

 

あとがき

前回 自分の部下に対し

「子どもの有無は気にせず

自分の強みを伸ばしていけばいいよ」

そう伝えたぼのこ。

 

 

しかし 第2の課題として

「子育ての経験そのものはなくとも

可能な限りお客さまに寄り添える接客ができるように」

と ひそかに考えていました。

 

 

そこで引っ張り出してきた

「子どもの発達・発育」に関する本。

 

 

残念ながらうちには

子どものいるスタッフはいないけれど…

せめて知識だけでも!

 

 

思い返してみれば

これまでお店でやってきた勉強といえば

商品知識や接客トーク術に関してのことばかり

 

 

「売るための知識」は

しっかりと磨いてきたものの

 

 

「寄り添うための知識」には

あまり目を向けていなかった

ということに気がつきました。

 

 

もちろん「知識」だけでは

どうにもならないことも

あるかもしれません。

 

 

「学問なき経験は、経験なき学問に勝る」

 

 

という言葉があるように

どれだけ「知識」を持っていたとしても

それを実際に「経験」した人には

かなわないのですから…

 

 

しかしながら

与えられた環境の中でベストを尽くし、

歩み寄ろうとし続ける姿勢さえ崩さなければ

 

 

やがてそれは「信頼」に繋がっていくのだ

そう私は信じています。

 

出来ることをやる、

その大小は関係なく…

 

 

その第一歩として

「こどもに関する小テスト」を自店で

実施することに決めたぼのこなのでした。

 

 

次回へ続きます!

 

↓いち早く更新のお知らせが確認できます!

f:id:rmtn:20200706184929j:plain

 

書籍が出版されました 

店長になるまでのお話に加え

描き下ろしの限定エピソードも収録しています✨

(KADOKAWA商品ページ)

ぜひお手にとってもらえると嬉しいです🙇‍♂️