ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第50話-2】

スポンサーリンク

f:id:rmtn:20200711172155j:plain

 ぼのこと女社会2【第1話】

前回のお話【第50話-1】

f:id:rmtn:20200711172151j:plain

f:id:rmtn:20200711172157j:plain

f:id:rmtn:20200711172201j:plain

f:id:rmtn:20200711172204j:plain

▽下記あとがきもあわせてご覧ください▽

 

あとがき

その人が本当はどんな人であるのか

それはその人自身にしか知る方法はありません。

 

 

仮にどれだけ

人を見抜く力に長けている人がいたとしても

結局それはその人のこれまでの

人生経験や記憶、またその人が持つ感覚(勘)から

創り出す憶測にすぎないのです。

 

 

私の見てきた琢磨店長と

盛田店長の見てきた琢磨店長が

違って見えるのは当たり前。

 

 

 

しかしそのどちらも

琢磨店長であることに違いはないのです。

 

 

「大切なのは他人が何を言うかではなく

自分が何を信じるか」

 

 

これは何も相手の意見を聞かない

ということではありません。

 

 

まずは自分の気持ちに向き合い

それを大切にすること

そして自分自身に責任を持つこと。

 

 

 

そうすることで

おのずと相手のことを

尊重することができるのです。

 

 

ここでいう「尊重」とは

相手を重んじ大切にすること。

 

 

(「尊敬」という言葉とよく似ていますが

尊重と尊敬は全く別のもです。)

 

 

自分の意見を貫くこと=自己中心的

ではありません。

 

 

また

相手を尊重すること=相手に屈すること

でもないのです。

 

 

 

 

相手のために相手を大切にするのではない

自分自身のために相手を

そして自分を大切にするのである!!



 

 

次回へ続きます…!

 

 

↓いち早く更新のお知らせが確認できます!

f:id:rmtn:20200706184929j:plain

書籍が出版されました 

店長になるまでのお話に加え

描き下ろしの限定エピソードも収録しています✨

(KADOKAWA商品ページ)

ぜひお手にとってもらえると嬉しいです🙇‍♂️