ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第50話-1】

スポンサーリンク

 

f:id:rmtn:20200708180206j:plain

ぼのこと女社会2【第1話】

前回のお話はこちら【第49話-2】

f:id:rmtn:20200708180209j:plain

f:id:rmtn:20200708180212j:plain

f:id:rmtn:20200708180216j:plain

f:id:rmtn:20200708180219j:plain

f:id:rmtn:20200708180222j:plain

▽下記あとがきもあわせてご覧ください▽

▽▽▽

 

 

 

あとがき 

盛田店長から聞かされた過去のお話…

 

 

これまでの会社は

店長になるためにはある程度の

社歴や年齢が求められていた。

 

 

しかしそれは

はっきりとした「年功序列」というより

長年続いてきた「暗黙の了解」。

 

 

しかしここ数年、上層部の意識が変わり

若い人材を積極的に育てていこう

という流れになったと盛田店長は言う。

 

 

これまでとは違う会社の

新しい方針に戸惑う盛田店長に対し

 

 

その変化を柔軟に受け入れ

すぐにでもそれをやってみせよう

という琢磨店長。

 

 

そしてそんな会社の

流れの変化があったとは露知らず

 

 

ただ「店長になる!」という

目標を達成するためだけに

当時ただひたすらに働いていたぼの田。

 

 

尊敬していた人(琢磨店長)のことを

そのように言われたことだけでなく

 

 

自分が店長になれたのは

実力があったからでも

頑張りが認められたからでもなく

 

 

ただ単にタイミングが良かっただけ

そう言われたような気がして

 

 

ぼの田の中で様々な感情が

沸き起こるのであった。

 

 

次回へ続く…!!

 

 

↓いち早く更新のお知らせが確認できます!

f:id:rmtn:20200706184929j:plain

 

書籍が出版されました 

店長になるまでのお話に加え

描き下ろしの限定エピソードも収録しています✨

(KADOKAWA商品ページ)

ぜひお手にとってもらえると嬉しいです🙇‍♂️