ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第48話-1】

スポンサーリンク

f:id:rmtn:20200629195304j:plain

前回のお話はこちら【第47話-2】

ぼのこと女社会2【第1話】 

f:id:rmtn:20200629195307j:plain

f:id:rmtn:20200629195310j:plain

f:id:rmtn:20200629195313j:plain

f:id:rmtn:20200629195316j:plain

 

あとがき

S店の店長スゴイデさんの悩みとは…

「スゴイデさん自身が凄すぎて

店長になりたがる人が生まれない」

ということだった!

 

 

スゴイデさんのレベルが高すぎるがゆえに

「私なんかでは力不足なんじゃ…」

と周りのスタッフが思ってしまうそう。

 

 

スゴイデさん自身

「そんなことないよ!」

「頑張れば誰にでも希望はある!」

と伝え続けてはいるそうなのですが

なかなかうまく伝わらないようで…

 

 

ぼのこのような

いい意味でのガツガツ感(笑)

ほしいとのことでした。

 

 

また、スタッフたちと

社歴や年齢が近いぼのこを

お店に呼ぶことによって

 

 

「より店長という役職を

身近に感じてもらえ

 

 

より明確なキャリアビジョンが

イメージできるのでは」

 

 

と、今回の提案に至ったそう。

 

 

一方ぼのこはというと

自分が力になれることは嬉しい反面、

 

 

こんな自分が(まだ店長として未熟なのに)

ひょこひょこ人様のお店に

行ってもよいものなのかと不安でした。

 

 

「こんなんで店長なの?」

 

 

そう思われたらどうしよう…!

 

 

でもやっぱり

せっかくいただいた機会…

ぜひ挑戦してこれからの自分に活かしたい!

 

 

そしてぜひぜひ

他の百貨店の社食も食べてみたい!!

 

 

チャレンジすることを決心します。

 

 

次回へ続く…!

 

書籍が出版されました 

 店長になるまでのお話に加え

描き下ろしの限定エピソードも収録しています✨

(KADOKAWA商品ページ)

ぜひお手にとってもらえると嬉しいです🙇‍♂️