ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第46話-2】

スポンサーリンク

f:id:rmtn:20200619111046j:plain

ぼのこと女社会2【第1話】

前回のお話【第46話-1】

f:id:rmtn:20200619111049j:plain

f:id:rmtn:20200619111052j:plain

f:id:rmtn:20200619111057j:plain

f:id:rmtn:20200619111100j:plain

あとがき

自分1人の力だけでは

解決が難しいこともある。

 

そんなとき

困っていると声に出すことは

決して悪いことではない。

 

しかし

「困っている」と言うだけではなく

もっと具体的に

どういった点でフォローがほしいのか、

相手に何をしてもらいたいのか。

 

そこまで自分で考えて

相手に伝えることができればもっと良い◎

 

状況というのは常に変化しつづけるもの。

過去にうまくいかなくても

今はうまくいくかもしれない。

またその反対だってあるかもしれない。

 

だからこそ店長会議では

リアルタイムでの情報共有をするべきなんだ。

 

言ったら迷惑なのではない。

言ったことを強制してしまうことが迷惑なのだ。

 

何が正解なのかなんてわからない。

きっとそれはお偉いさんですら

正確にはわかっていないだろう。

 

>

だからこそ1人1人が

自分の頭で「こうしたい」を考えて行動する。

強制ではなく、共有をしていく…

 

会議でよく使われる「PDCA」という言葉も

本質的にはこういうことを意味しているのだろうな

そう感じたのでした。

 

次のお話はこちら

f:id:rmtn:20210411224527j:plain

書籍女社会の歩き方

やすこ先生と学ぶ接客講座