ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第46話-1】

スポンサーリンク

f:id:rmtn:20200616180040j:plain

ぼのこと女社会2【第1話】

前回までのお話【第45話-2】

f:id:rmtn:20200616180043j:plain

f:id:rmtn:20200616180046j:plain

f:id:rmtn:20200616180048j:plain

f:id:rmtn:20200616180051j:plain

あとがき

「あなたの実例は”ありがた迷惑”」

前回、盛田店長たちからそのように

言われたぼのこ。

 

 

自分のお店での取り組みを

言うべきか言わないべきか

…発表のギリギリまで悩みました。

 

 

グループディスカッションとして

出た答えは

「人材不足を本部に訴えること」

 

しかしそれだけでは何も

解決にならないのではないか

 

お互い十分な

ディベートをする間も無く

答えに納得がいかぬまま

発表役として前に出なければなりませんでした。

 

私は自分の考えや

意見がしっかりとある一方で

人前に出るのは緊張するという

なんとも天邪鬼な性格の持ち主。

 

自分でも時々

そんな自身の性格がいやになります。

 

伝えたいことがあるのに

声や足は震えるし、格好悪いし…

 

しかし

そうなってしまうとわかりつつ

それでもめげずに前に出る自分が

誇らしく、好きである

ということもまた事実なのです。

 

 

自分にとってのいやな部分が

自分にとっての好きな部分

 

いやだなと思う感情も

好きだなと思う感情も

どちらも大切にしていきたい

そう思うぼのこなのでした。

 

次回に続きます!

 

書籍が出版されました 

 店長になるまでのお話に加え

描き下ろしの限定エピソードも収録しています✨

(KADOKAWA商品ページ)

ぜひお手にとってもらえると嬉しいです🙇‍♂️