ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第44話-2】

スポンサーリンク

f:id:rmtn:20200605160807j:plain

最初から読む【第1話】

前回のお話【第41話-1】

 f:id:rmtn:20200605160810j:plain

f:id:rmtn:20200605160813j:plain

f:id:rmtn:20200605160816j:plain

f:id:rmtn:20200605160819j:plain

あとがき

人手不足を訴える店舗のうち

実際に人手不足なのは、ほんの数割程度なのだと思う。

 

よくよく立ち止まって考えてみれば

実は不要だった業務を一生懸命にやっていたり

 

管理者がスタッフたちを

ダラダラと働かせてしまうことによって

チーム全体の生産性が落ちてしまう…

これって意外とよくあることなんですよね。

 

残業や休みが取れない状態が続くと

身体的に疲れてしまうだけでなく

精神的な疲労も蓄積されていきます。

 

そしてスタッフの中には

売り場で働いてもらっている時間以外にも

通勤時間に1-2時間もかけて

仕事に来てくれる子たちもいるんだということ。

そこでのストレスや疲れも考慮したいところ…

 

仕事から帰った後に疲れてすぐ寝てしまう

そんな毎日が続いているようでは

接客意欲も湧いてきません。

 

拘束時間を減らすということは

会社の人件費を削減するだけでなく

(サビ残はもってのほかです😭)

 

帰宅後、趣味や勉強に使う時間も取れることによって

結果的にそれが仕事の質にも繋がっていくのです。

 

仕事が早く終わり

帰路何気なく立ち寄った

服屋さんで素敵なディスプレイを見つけた。

「今度お店でも取り入れてみようかな」

 

早く帰れるから

近くのパン屋さんでパンを買って帰ろう

別の日、お客様との会話で

そのパン屋について盛り上がった。

 

など

 

プライベートでたくさんの経験をするということは

その人の引き出しを増やすということでもあります!

 

具体的な業務の削り方や

プライオリティの付け方については

また改めてどこかで取り上げようと思います。

 

 

次回へ続く!

 

 

書籍が出版されました 

 店長になるまでのお話に加え

描き下ろしの限定エピソードも収録しています✨

(KADOKAWA商品ページ)

ぜひお手にとってもらえると嬉しいです🙇‍♂️