ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会2【第31話-②】

スポンサーリンク

f:id:rmtn:20200418200633j:plain

前回のお話はこちら【第31話-①】

f:id:rmtn:20200418200636j:plain

f:id:rmtn:20200418200640j:plain

f:id:rmtn:20200418200704j:plain

f:id:rmtn:20200418200714j:plain

あとがき

「西の百貨店」は

ぼのこが働く「東の百貨店」と

同じエリア内にある競合百貨店

 

そして

ぼのこの勤めるブランドショップ

「BabBab」はそのどちらの

百貨店内にも入っているのです

 

西の百貨店は東の百貨店に比べて

ブランド力・集客力ともに高く

 

「BabBab」も西の百貨店の方に

特に力をいれて商品を回しています

 

そんな状況をみて

「なぜ西ばかり優遇するのだ!!」

そう強く訴える東の百貨店

 

百貨店側の気持ちも

痛いほど分かってはいるものの…

 

あくまで私は「BabBab」の社員

「BabBab」の利益を最優先に

考えなければいけないのです

 

もしかすると

「そんなことせずにどの店舗にも

万遍なく商品を配ればいいのに!」

そう思われる方も中にはいらっしゃるかもしれません

 

商品を各店舗に平等に、万遍なく

並べない(並べられない)理由は

いくつかあるのですが

 

その商品をそのお店でどれだけ捌けるのか

「消化率」というものが大きく関係してきます

(そのあたりのお話は また機会があれば…✨)

 

売れ残し・ロスがないように

商品を上手に回していくことが

会社の利益につながり

 

また その利益によって

より良い商品を開発できたり

より良いサービスをお客様へ提供できたり…と

 

話が逸れてしまいましたが、

とにかく現状では

東の百貨店へは

これ以上商品は入らない

 

しかし売上はとっていかねばならない

 

そこでぼのこが提案したのは

「什器の数を減らすこと」

でした

 

一体なぜ、そのような提案を申し出たのか

次回に続きます!

(明日はお休みいたします!)

 

 

発売まであと5日!ご予約受付中!

書籍も予約開始しておりますので

是非チェックしてみてくださいね✨

描き下ろしの限定エピソードも収録しています🎀

>>KADOKAWA商品ページ