ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

ぼのこと女社会【92話】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

開店前のひと時。

1人でゆっくり朝ごはんを食べるつもりだったが

まさかの店長と2人っきり!

しかし思ったよりも話は弾み…

なんと来月の日割り予算をぼのこが立てることに!?

前回までのお話はこちら

www.bonogura.com

ぼのこと女社会 第92話

ぼのこと女社会 第92話

ぼのこと女社会 第92話

ぼのこと女社会 第92話

ぼのこと女社会 第92話

ぼのこと女社会 第92話

ぼのこと女社会 第92話

ぼのこと女社会 第92話

ぼのこと女社会 第92話

 

あとがき

もともと店長になりたいと決意したのは

第27話のタイミング。

 

 

でも、自分でも気がつかないうちに

当時、考えていた動機と今の想いは全く異なっていた。

 

 

 

行動を起こせば、環境は変わっていく。

環境が変われば考え方も変わっていく。

 

 

「あれ、なんで私こうしてたんだっけ…?」

 

 

日常の変化というのは急激に起こるものではなく

少しずつ穏やかに変わって行くために

”変化している”ということには気が付きにくい。

 

 

今回改めて、琢磨店長に問いかけられたことによって

自分自身の心情の変化に気づくことが出来たのだ。

 

 

そして、ぼの田に新たなチャンスが…!?

 

 

次のお話はこちら!

www.bonogura.com