ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

【接客されるのが苦手な人へ】ぼのこ流上手な接客のされ方

スポンサーリンク

 

f:id:rmtn:20201209114345j:plain



みなさまこんにちは、ぼのこです!

もうすぐクリスマスですね🎄✨

 

 

ご家族や大切な方への贈り物は

もうご用意されましたか?🎁

 

 

私は先日、夫への

クリスマスプレゼントを買いにいきました。

 

 

普段、販売員視点で漫画を描いている私ですが、

実は自分が「お客様側」として

接客をされるのは苦手なんですよね…💦


今回はそんな私が

販売員ではなく客の立場として

プレゼントを買いに行った日の

エピソードをご紹介したいと思います。

 

 

私と同じように

「接客されるのが苦手だなぁ」

と思われている方にも
ぜひ読んでもらえると嬉しいです…✨

f:id:rmtn:20201208195012j:plain

f:id:rmtn:20201208195016j:plain

f:id:rmtn:20201208195018j:plain

f:id:rmtn:20201208195023j:plain

f:id:rmtn:20201208195027j:plain

f:id:rmtn:20201208195031j:plain

f:id:rmtn:20201208195033j:plain

f:id:rmtn:20201208195036j:plain

f:id:rmtn:20201208195039j:plain

▽下記あとがきもあわせてご覧ください▽

 

あとがき

そもそも何故、自分は
接客されることが苦手なんだろうと考えてみたところ

そのひとつは、
「私自身がはっきりと断れない性格であるから」
ということに気が付きました。

 

 

要らないものでも、予算以上のものでも

勧められてしまうと断るのが気まずい…

 

 

しかし、それなら反対に

どうして販売員さんは私にとって

要らないもの、予算以上のものを勧めるのだろう?

 

 

そうお客様視点・販売員視点でと

照らし合わせて考えてみた結果、

ひとつの結論に至ったのです…!

 

 

 

それは、

「販売員さんは私の欲しいもの

(買いたいもの)を知らないから」

ということ。

 

 

こちらがきちんと希望や要望をお伝えすれば

ほとんどの販売員さんは

それにあった対応をしてくださいます。

 

 

「今日は買わないけど下見したい」

というときも、はっきりと笑顔で伝えれば

だいたいの販売員さんなら理解してくれるはず。

(時々、そうでない方もいらっしゃいますが…😭)

 

 

今回、私はそのお店では購入をしませんでしたが
(予算の都合上できなかった😢)

最後まできちんと対応してくださった

その販売員さんのおかげで

とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

そしてまたいつか必ずそのお店で

お買い物がしたいと思いました。

 

 

ギフトを選ぶ機会が増えるこの時期

みなさまが少しでも快適なお買い物ができるように

参考になるか、ならないか分からない

私の体験談をご紹介しました✨

 

 

おしゃれな男性販売員さんを表現したつもりが

なぜかスタンド使いになってしまった…

 

 

⏬接客コラム連載中です!

隔週月曜日更新!すぐに役立つ接客のコツを公開中🎵

note.com

 

⏬最新話の更新をいち早くお知らせ! 

f:id:rmtn:20200706184929j:plain

 

⏬書籍が出版されました 

店長になるまでのお話に加え

描き下ろしの限定エピソードも収録しています✨

(KADOKAWA商品ページ)

ぜひお手にとってもらえると嬉しいです🙇‍♂️