ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

丁寧でおしゃれな暮らしに疲れてしまった。考えたこと、そしてこれから。

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ぼの子です。

しばらくブログの更新が滞っておりました。

 

本日は、私がずっと理想としてきたはずの

”丁寧でおしゃれな暮らし”が

実は私を1番苦しめていたということに

気付いたその経緯と、これからの自身の

ブログの方向性についてお話しします。

f:id:rmtn:20181004104733j:plain

 巷に溢れる"おしゃれライフスタイル提案”

私たちの生活に切っても

切り離せなくなったSNS。

ネット上では”おしゃれブロガー”や

”キラキラインスタグラマー”で溢れています。 

私も最初はただ、

そういった方たちの生活を見て

楽しんでいるだけだったのですが、

いつしか自分も"丁寧でおしゃれな暮らし"を

したいと思い始めるように…

 f:id:rmtn:20181004110938j:plain

”丁寧な暮らし”や

”おしゃれなライフスタイル”という言葉は

その後、私の生活の中にまるで呪いのように

取り憑いていきます。

 ていねいな暮らしとは?勘違いしていた丁寧さ。

f:id:rmtn:20181004114933j:plain

ちょうどこのブログを始めた頃、

私は彼氏と2人暮らしを始めたばかり。

新しい生活環境の中で私は

とくに気合いが入っていました。

 

当初、"丁寧でおしゃれな暮らし"に対して私は

「理想的」「幸せな家庭」「健康的」

といったイメージを漠然と抱いていました。

 

f:id:rmtn:20181004165847j:plain

口にするものや身に付けるもの、とにかく

身の回りにあるアイテムは質の良いものを。

 

化学系のものはできるだけ避けて、

オーガニックのような

ナチュラルなものを好みました。

 

いろんなブログやSNSを参考にしながら

当時の私は自分の思い描く

”丁寧でおしゃれなライフスタイル”を

作り続けていったのです。

f:id:rmtn:20181004115855j:plain

 丁寧でおしゃれな暮らしには労力がかかる!

当時の私が求めていた

理想のライフスタイルとは、

とても労力のかかるものでした。 

私たちは共働きです。

平日休みの私と、土日休みの彼で

家事は上手に回していました。

 

分担といえども、仕事をしながら

家事もこなしていくことは

私にとって、とても大変なものでした。

 

”丁寧な暮らし”がしたい私は

掃除も、料理もいちいち

こだわりすぎていたのです。

 

いつしかそういった

労力のかかる家事が億劫になり、

仕事と両立させていくことができず

次第に完璧にできない自分への

ストレスや嫌悪感に変わっていきました。

理想のライフスタイルを追い求めすぎた結果

f:id:rmtn:20181004132401j:plain

「あのインスタグラマーは毎日

華やかなご飯を作ってて偉いなぁ」

「あのブロガーの人はいつも部屋を

きれいにしてるのに、私は...」

そんなことを毎日のように

口にしては落ち込んでいました。

 

私は極端な性格で、

やるときは全力でやる!!!!

でも一度挫折すると本当に容易く

やる気がポキっと折れてしまうのです。

 

たまにエネルギーを振り絞って

全力で家事を頑張るものの

”こんなに頑張ったんだから”

という気持ちの方が強く出てしまい、

彼に対しても

「シンク洗ったばっかりだから汚さないでね!」

「服は脱いだらすぐ吊ってよね!」

と、いつしか小言が増えていきました。

 

きっかけになった彼の言葉。

f:id:rmtn:20181004131258j:plain

ある日のこと、その日は私が休日で

「今日こそは家事をしよう!」と

思っていたのですが、

日々の仕事の疲れが優先し

結局1日、何も出来ない日がありました。

 

仕事から帰宅してきた彼に

「今日も何もできなくてごめんね。」

というと

「休日は休むためにあるものなんだから

なにも謝る必要ないよ!

椅子に座ってゆっくりしてて。

ご飯は僕が作るから。」と言い

代わりにキッチンに立ってくれました。

f:id:rmtn:20181004135756j:plain

 ご飯を食べながら私は彼に

「どうして、いつもきちんと

家事ができるの?しんどくないの?」

という疑問をぶつけました。

 

「僕はしんどいときは

敢えてそれをやらないよ!

今は、しんどくないからしてる。」

「ぼのちゃんが楽しそうにご飯を

食べてることが幸せだよ。」と。

 

このとき、私はハッと気づいたのです。

私は一体、誰のために何のために

”丁寧でおしゃれな暮らし”をしているのか...

 

f:id:rmtn:20181004130124j:plain

世に溢れる情報や

SNSの投稿に惑わされて

「丁寧な暮らしとはこう言うもの!」

「おしゃれなライフスタイルは

こうあることが当たり前!」

と言った、カタチの見えない

柵にとらわれていたのです。

 

その結果、

理想と現実の生活のズレに悩まされ

生活を共にするパートナーに対して、

小言を言ってしまったり

落ち込んだ表情を見せたりしてしまいました。

私が見つけた本当のライフスタイル 

f:id:rmtn:20181004144246j:plain

不特定多数の誰かから羨望される

華やかな生活もとても素敵ですが、

私が求める最高のライフスタイルとは

身近な家族が隣で笑って

明るく過ごしてくれること。

自分自身が健康で元気であり

楽しく過ごせること。

だということに気づきました。

 

しんどい時は無理をせず、

自分に正直に生きよう。

ご飯だってインスタントの日が

あってもいいじゃない。

 

2人が1番リラックスできるカタチを

その都度選択していけば良い。

誰の理想に押し固められることなく、

肩の力を抜いて生きればそれで良い。

 

f:id:rmtn:20181004145322j:plain

今の私は息抜きの仕方を

少しずつ覚えている最中です。

人間なので急に変わることは難しく、

つい何もない休日を送ると

「非生産的な1日だった」

と、後悔してしまうことも。

 

最近では休みの日の朝に、

「今日は何もしない日!

何もしないけど謝らない!」

と彼に宣言することで、

自分のストレスを減らすようにしてます。

f:id:rmtn:20181004125703j:plain

オーガニックの洗剤や食品に関しては

個人的にお気に入りのものも多いため

今も変わらず使用していますが、

必ずオーガニックでないとダメ!

という考え方は無くなりました。

状況や必要に応じて、市販のものも

賢く使っていくようにしています。

 

考え方を切り替えたことで、全く

おしゃれな暮らしをしなくなったのか

というとそんなこともなく、

今現在も負担のない範囲で

おしゃれな生活を楽しでいます。

 

”自分らしさ”に気づき、

それを受け入れることで

自身の生活の質の向上にも繋がっていく

ということを今回学びました。

 

ブログのデザインのリニューアルに伴い

この度サブテーマを”ていねいな暮らし”から

”背伸びしすぎない、上質な暮らし。”に変更しました。

 

f:id:rmtn:20181004153936j:plain

これからのブログですが

気取らず、ありのままの日常をテーマに、

書いている側・読んでいる側が

肩の力を抜いて楽しめるような

記事を執筆していきたいと思っています。