ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

◎ふたりごはん。簡単本格ボロネーゼ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ワインとも相性良し。

簡単ボロネーゼのレシピをご紹介。

f:id:rmtn:20170426094816j:image

簡単本格ボロネーゼの作り方(2人分)

用意するもの

  • ひき肉 100~150g
  • トマト缶 3分の1缶くらい(できればホール)
  • 玉ねぎ 半玉
  • オリーブオイル
  • ケチャップ 大2
  • ウスターソース 大1.5
  • 鷹の爪
  • 塩コショウ
  • ガーリックシーズニング(あれば)
  • にんにくチューブ 

ボロネーゼソースの作り方

  1. 玉ねぎはみじん切り、鷹の爪は輪切りにしておく。
  2. フライパンを熱し、オリーブオイルを敷き、ニンニクチューブを2cmほどと、玉ねぎを投入。玉ねぎは半透明になるくらいまで炒める。
  3. ひき肉を加え、塩コショウとガーリックシーズニングで味を整え、8割くらい火が通るまで炒める。(赤身が少し残る程度)
  4. トマト缶を3分の1の量ほど投入し、ケチャップ、ウスターソースを入れる。味見をし、足りないようであれば塩コショウ、シーズニングを追加する。
  5. 水気がなくなるくらいまで煮詰める。←重要。10分くらいかかります。パスタの茹で時間は作業時間から逆算して茹でてください。
  6. 麺と絡めて完成!

 

ポイント

  1. 【時短】予め玉ねぎはみじん切りしたものを半玉分ずつくらいラップに包み冷凍保存をしておくことで、料理の時短になります。使うときはそのままフライパンに投入→ヘラで崩しながら使う。また、冷凍玉ねぎを使うことで水分が溶け出し凝縮された味になり、炒め物や煮込み料理は一層美味しくなります。
  2. 麺のオススメの太さは1.8~2.2mm。太目がオススメです。以下リンクは国産の小麦粉を使用したオススメのパスタです。
  3. 茹で時間は、記載の時間より1分ほど短めにし、麺とソースを絡める際にフライパンで炒めながら絡めると麺がモチモチとした食感になります。

 

アレンジ

ソースは多めに作って、ご飯の上にボロネーゼソースとチーズをのせ

トースターで焼くとミラノ風ドリアになります。

 

コンロが少ないご家庭にオススメなのが、レンジで茹でられるタイプの容器です。

お鍋を洗う手間も省けるので、とても便利です。