ぼのぐらし。

コミックエッセイ、日常の記録など

◎共働き家事。ほったらかし、でもピカピカに。

スポンサーリンク

フルタイムで働いていると、どうしても家事に費やす時間が少なくなってしまいます。

帰宅すると疲れて何もできない...なんてこともしょっちゅうで、休みの日にまとめてやってしまうことが多いです。

 

本日は"重曹"を使った、手間なく簡単に出来る家事を3つご紹介します。

忙しい方にも実践していただきやすいので是非参考になれば...と思います。

f:id:rmtn:20170328200647j:plain

重曹を使ったほったらかし家事3選

その1.コーヒーやお茶の茶渋を取る

普段の食器洗いではなかなか落ちにくい、カップに残った頑固な茶渋も重曹を使えば簡単に落ちます。

鍋にカップが浸かるくらいのお湯を沸かし、沸騰したら大さじ一杯の重曹を入れて

お湯が冷めるまで放置するだけ。洗い物や、料理をしながらできます。

f:id:rmtn:20170328192050j:plain

 

お湯が冷めたらコップを取り出し、あとはいつものようにスポンジに洗剤をつけて洗うだけです。

お鍋も一緒にピカピカになりますよ♪

 

f:id:rmtn:20170328192053j:plain

 

買って来たばかりのようにピカピカになります!

あまりにも白くきれいになるので、初めて重曹で洗った時は「今までこんなに汚れていたんだ...」とショックを受けたほどです。

 

その2.排水口のヌメリをとる

排水口のヌメヌメも放置できれいになります。排水口に重曹を振りかけてお湯を少量かけます。

重曹の泡がしゅわしゅわ〜となるので、あとはそのまま放置→時間が経ったら流して終わり!

 

私は朝、コーヒーを飲む時に沸かしたお湯をそのまま使ってます。

出勤前に重曹をパパッと振りかけお湯をかけておいて、帰宅後にスポンジで軽く洗うとピカピカになってます!

実際はそこまで置く必要はなく1時間くらいで大丈夫のようです。

 

その3.お風呂をピカピカにする

お風呂を上がったあと、お湯を抜く前に重曹を大さじ3杯ほど入れて、お風呂の蓋も一緒にバスタブに入れてしまいます。

翌朝、お湯を抜いて流せばピカピカになってます!

 

 

いかがでしたでしょうか。

私の家では重曹の消費量が多いため、先日コストコのアームアンドハンマーという大容量のものを購入しました。

6.12kgも入っているにもかかわらず、お値段も1000円くらいと本当にお買い得でした!

持って帰るのが大変でしたが。。

 

調べてみると、楽天でも現地価格とほとんど変わりない値段で販売されているようなので、抱えて持ち帰ることを考えるとネットで購入するのもありかもしれません..